大容量ファイル転送サービス Fshare β

利用ガイド

1. サービスの概要

FShare は学術認証フェデレーションが提供する認証連携の仕組みを利用した大容量ファイル転送サービスです。 サイズの大きなファイルを指定した相手に対して送ることができるので、メールに添付できない大きなファイルを送るために利用することができます。 ファイルは暗号化してサーバに保存され、ファイルの通信時は SSLによる暗号通信で守られます。 このサービスは、次の URL からアクセスすることができます: https://fshare.sinet.ad.jp/

  • 一度に複数の利用者に対してファイルを送ることができます
    (同時に最大10人にまで送信可能です)
  • 一度に複数のファイルを送信することができます
    (1回の送信につき、最大10個のファイルが送信できます)
    (1回の送信で複数のファイルが送信された場合、受信者は、1つのZIPアーカイブに固められたファイルとして受信します)
  • サイズの大きなファイルを送ることができます
    (1回の送信につき、合計2ギガバイト程度まで)
  • 送信したファイルは最大90日間保存されます
2. 利用方法

サービスを利用するには、所属機関が学術認証フェデレーションに参加している必要があります。 利用を希望する場合は、サービスサイトにアクセスし、学術認証フェデレーションの認証を行った後、自分のメールアドレスを登録します。 登録したメールアドレスに対する到達性が確認されることによって、利用が開始できます。

ファイルを送信する際は、送信先となる利用者のメールアドレスを指定します。 このメールアドレスは、サービスサイト内に用意されるアドレス帳でユーザ単位に管理することができます。

ファイルが送信されると、指定されたメールアドレスに対して、ファイルの到着を通知するメールが送信されます。 このメールが届くことによって、ファイルの到着を知ることができます。

ファイルの受信者は必ずしも事前にサービスに登録されている必要はありません。 サービスに未登録の利用者を宛先に指定してファイルを送信することも可能ですが、 未登録の利用者が到着したファイルを受け取るためには、先にサービスへの登録を行う必要があります。

3. 注意事項

サービスの利用にあたっては、利用規約を遵守してください。